国勢調査報告 人口移動集計結果 平成2年 第7巻 その1 第7 - 総務庁統計局

国勢調査報告 人口移動集計結果 総務庁統計局

Add: xymez86 - Date: 2020-11-20 02:17:41 - Views: 1399 - Clicks: 1188

国勢調査速報 失業 3. 世帯員に関する事項(15項目)・・・男女の別、出生の年月、配偶者の有無、就業状態など 2. 従業地・通学地集計結果 その1(愛知県)(報告書掲載表)平成19年3月28日公表 10. 最近、国勢調査員をかたり世帯を訪問し、年齢、家族構成や年金の受給状況、利用している金融機関などの個人情報を聞き出そうとする、いわゆる「かたり調査」ではないかとの問い合わせが寄せられております。 現在、国勢調査は行っておらず、世帯に対して個人情報をおたずねすることも行っておりません。また、統計調査員は常に調査員証を携帯しているので、調査員証の携帯の有無を確認してください。 令和2年10月1日を調査期日とする国勢調査の実施に向けて、今後も「かたり調査」の事案が発生することが想定されますのでご注意ください。 不審な電話や訪問等がありましたら、お住まいの市区町村の統計調査担当課又は県統計センターまでお問い合わせください。 詳しくは、「かたり調査にご注意」のページへ(総務省統計局). 国勢調査報告 第6巻 人口移動集計結果 その1 転出入人口の基本属性 16 富山県 昭和55年 総理府統計局 【資料番号】 907684: 富山市史: 昭和55年 統計: 108 【資料名】 昭和55年国勢調査 日本の人口 -最終報告書- 総務庁統計局 【資料番号】 907685: 富山市史. 産業等基本集計を掲載 4.

See full list on pref. 労働力率・・・15歳以上人口に占める労働力人口(就業者と完全失業者を合わせた人口)の割合 62.4%(全国第3位) 男 71.7%(全国第9位) 女 53.9%(全国第1位) 就業率・・・15歳以上人口に占める就業者数の割合 60.4%(全国第3位) 男 68.9%(全国第6位) 女 52.6%(全国第1位) 共働き率・・・夫婦のいる一般世帯に占める共働き世帯(夫婦ともに「就業者」の世帯)の割合 58.6%(全国第1位) 雇用者(役員を除く)に占める「正規の職員・従業員」の割合 69.8%(全国第3位) 男 84.3%(全国第6位) 女 53.9%(全国第2位) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計 福井県結果の概要(PDF形式:174KB) 主要指数の推移、都道府県および県内市町比較などの詳細をとりまとめました。(平成29年7月19日公表) 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計 福井県結果の概要 詳細版(PDF形式:1,637KB) 詳細版 付表統計表(各ファイルExcel形式) 1 都道府県別主要指標 付表1-1 都道府県別労働力率、就業率、共働き率(平成27年) 付表1-2 都道府県別従業上の地位別割合、職業別割合(平成27年) 2 市町別主要指標 付表2-1 市町、男女別労働力状態(平成27年) 国勢調査報告 人口移動集計結果 平成2年 第7巻 その1 第7 - 総務庁統計局 付表2-2 市町、男女、年齢(5歳階級)別労働力率(平成22年、27年) 付表2-3 市町別労働力人口全体に占める65歳以上の割合(昭和60年~平成27年) 付表2-4 市町、男女、年齢 (5歳階級)別就業率(平成22年、27年) 付表2-5 市町、夫婦の就業・非就業(4区分)別夫婦のいる一般世帯数(平成27年) 付表2-6 市町、従業上の地位別15歳以上雇用者数(平成27年) 付表2-7 市町、産業大分類別15歳以上就業者数(平成27年) 付表2-8 市町、職業大分類別15歳以上就業者数(平成27年) トップに戻る. 国勢調査(こくせいちょうさ )は、統計法(平成19年5月23日法律第53号)に基づき、総務大臣が国勢統計を作成するために、「日本国内の外国籍 を含むすべての人及び世帯」を対象として実施される、日本国の最も重要かつ基本的な統計調査で、唯一の全数調査である。. 第1次基本集計結果(愛知県)(報告書非掲載表)平成18年10月31日公表 5. 11 国勢調査報告 / 総理府統計局編 平成27年 第7巻. 第3次基本集計結果(愛知県)(報告書非掲載表)平成19年12月26日公表 9. 移動人口の男女・年齢等集計は,全ての調査票を用いて,平成22年国勢調査時の常住地(5年前の10月1日に住んでいた場所)と平成27年国勢調査時の常住地(平成27年10月1日に住んでいる場所)を比較することにより,人口の転出入状況について男女・年齢等に集計したものです。 この集計に係る調査事項「居住期間」及び「5年前の常住地」は,本来,大規模調査(10年ごとに実施)のみの調査事項ですが,簡易調査である平成27年国勢調査についても,東日本大震災における影響を把握するため調査し,集計が行われました。 ○大規模調査と簡易調査について 国勢調査は,基本的に5年ごとに実施され,西暦末尾「0」年は「大規模調査」,西暦末尾「5」年は「簡易調査」として実施されます。 大規模調査と簡易調査の違いは,調査項目の数です。従来,大規模調査は20項目,簡易調査は17項目を調査することとされております。.

労働力人口、就業者数、産業別就業者、夫婦の労働力状態等を掲載 4. 町丁・字別集計を掲載 3. 人口等基本集計結果(神奈川県の確定数)の概要 2. データ活用 2. 通勤・通学人口、県・市町村別昼間人口などを掲載。 4. その2対前回との増減数(増減率)-道(昭和35年~平成17年)(21kb) 第2表 職業(大分類)、男女別15歳以上就業者数-道(平成2年、7年、12年、17年)(20kb) 第3表 職業(大分類)、年齢(5歳階級)、男女別15歳以上就業者数 その1総数-道(23kb) その2男-道. 人口移動集計結果 = Results of tabulation on internal migration.

※平成28年2月18日、第6表のうち男性人口の順位を修正しました。 平成28年2月17日 ※平成28年2月18日修正 <平成22年国勢調査> 札幌市の人口3-平成22年国勢調査(職業等基本集計等)結果報告書-平成26年4月11日. 人口等基本集計に係る小地域集計結果平成29年1月27日公表 6. 日本の人口(昭和35年国勢調査の解説) 7. 従業地・通学地集計結果 その2(愛知県)(報告書掲載表)平成20年4月30日公表 12.

我が国人口・世帯の概観 我が国の人口や世帯の地域分布,構造及びそれらの動向を分析し,解説したものです。 3. 国勢調査でわかることについてはまた後ほど取り上げるとして、実はこうした人口や世帯に関する統計は、統計局から複数発表されています。具体的には、人口推計や住民基本台帳人口移動報告です。では、それぞれどのような違いや特徴があるのでしょうか。次の表にまとめました。 表:国勢調査、人口推計、住民基本台帳人口移動報告の特徴 国勢調査と人口推計については、「人口推計は国勢調査の『間』を補完するデータ」として密接な関係にあり、これにより人口の推移がより精緻に把握できます。 一方、住民基本台帳人口移動報告とは、住民基本台帳の転入届を集計したもので、地域別人口の変動要因(人口の出生・死亡、人口の移動)のうち、人口の移動に着目した統計データになります。いつ、どの年代の人が、どこから転入してきたかを明らかにすることで、各地方行政の企画立案に貢献しているほか、地方創生アイディアの原資として活用されています。 余談ですが、実はこうした統計局で公表している各統計データについては、統計局へ問い合わせすれば教えてもらえるそうです。「似たような統計がたくさんあるので、どれを使ったらいいかわからない」という場合、統計局に問い合わせしてみるのも良いでしょう。. 沖縄県の主な指標(第1次・第2次集計結果より) 第1次基本集計結果-人口の男女・配偶関係・世帯の構成・住居の状態-(e-Stat) 第2次基本集計結果-人口の労働力状態、就業者の産業-第3次基本集計結果-就業者の職業、母子世帯・父子世帯-(e-Stat). これらのデータは、主に国政や地方行政の政策立案で活用されます。身近かつ大きな政策でいえば、衆議院の選挙区の区割りには国勢調査のデータが利用されています。またユニークなところでは、人口集中している居住区がわかるため、ドローンの飛行禁止空域を決める際にも国勢調査データが活用されているそうです。.

平成30年5月11日 国勢調査のオーダーメード集計サービスの利用開始年次(平成27年 世帯構造等基本集計)を追加しました。 平成29年12月13日 平成27年国勢調査 抽出詳細集計及び従業地・通学地による抽出詳細集計を公表いたしました。. 人口速報集計結果平成23年2月25日公表 2. 8%)で,総人口の4分の1以上がこの5年間に住所を移動している 2. 移動人口の産業等集計結果平成24年7月31日公表 9. 第1巻 記述編 《人口,體性,年齢,配偶関係,世帯》 第2巻 全国結果表 《人口,年齢,配偶関係,世帯》 第3巻 市町村別世帯及び人口 第4巻 府県編(47分冊) 《世帯,年齢,配偶関係》. 人口の男女・年齢・配偶関係別構成、世帯及び住居並びに外国人、高齢世帯に関する結果を掲載。 2.

移動人口の就業状態等集計結果平成29年7月25日公表 10. 全国都道府県市区町村人口総覧 その1 全国編 その2 北海道・東北編 その3 関東編 その4 中部編 その5 近畿編 その6 中国・四国編 その7 九州編 8. 従業地・通学地による人口・産業等集計結果(神奈川県の確定数)の概要 4. 福井県の総人口 786,740人(男381,474人、女405,266人) 年齢別人口 15歳未満 102,986人(13.3%) 15歳~64歳 451,409人(58.1%) 65歳以上 222,408人(28.6%) 福井県の総世帯数 279,687世帯(うち一般世帯数 278,990世帯) 一般世帯の1世帯当たり世帯人員 2.75人(全国第2位) 持ち家率 75.7%(全国第3位) 平成27年国勢調査 人口等基本集計 福井県結果の概要(PDF形式:139KB) トップに戻る.

第3次基本集計結果 4. 第2次基本集計結果(愛知県)(報告書非掲載表)平成18年12月27日公表 7. 産業等基本集計結果(神奈川県の確定数)の概要 3. 就業状態等基本集計結果(神奈川県の概要) 3. 国勢調査速報 世帯及び人口 2. 国勢調査は非常勤の国家公務員である「国勢調査員」が世帯を訪問する方法で行われます。 調査を進める上で最大のポイントは、すべての人と世帯を漏れなく、重複なく調査することです。 国勢調査を正確かつ円滑に実施するためには、みなさまそれぞれの御協力が必要不可欠です。 調査への御協力をよろしくお願いします。.

其の1 人口の概要 其の2 全国都道府県郡市区町村別人口 其の3 労働力人口に関する概要 其の4 出身地域及び国籍別人口の概要 其の5 視聴覚障害者の数 其の6 世帯数の概要 其の7 年齢別人口. 抽出速報集計結果平成28年6月29日公表 3. 市町村年齢別推計人口(10月1日現在)(各歳、5歳階級・3区分) 国勢調査結果. 抽出速報集計結果平成23年6月29日公表 3. 解説書とは,国勢調査の結果を公表した後に,過去の調査と比較した結果や解説を加えた報告書です。 1. 平成27年国勢調査(基幹統計) 平成27年国勢調査結果報告書「藤沢市の人口」をPDFファイルで掲載しています。 統計表等の表示や印刷には、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(AdobeReader)が必要です。 平成27年国勢調査の概要及び集計結果 調査の. 第1巻 人口総数,男女の別,年齢,配偶の関係,民籍または国籍 第2巻 産業・事業上の地位 第3巻 職業. POPULATION AND HOUSEHOLDS OF JAPAN 国勢調査の結果を英語でまとめたものです。 4.

国勢調査は、統計法(平成19年法律第53号)に定める基幹統計調査として、国内の人口・世帯の実態を把握し、各種行政施策などの基礎資料を得ることを目的としています。 大正9年(1920年)の第1回調査以来、国の最も基本的で重要な統計調査として5年ごとに実施されており、令和2年(年)に実施する調査はその21回目に当たり、実施100年の節目を迎えます。. 世帯構造等集計結果(神奈川県の概要) 1. 1%抽出集計による結果速報 その1 全国の男女,年齢,配偶関係別人口 その2 全国人口の就業状態及び住宅関係 3. 従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果平成29年6月28日公表 9. 付録 日本人口地図 4. 第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 その1 年齢・配偶関係・国籍・教育・婦人の出産力 その2 人口移動 その3 労働力状態・産業・従業上の地位・就業時間・失業 その4 職業 その5 世帯の構成 その6 居住状態 第3巻 全国編 その1 年齢・配偶関係・国籍・人口移動・教育・出産力・労働力状態・産業・職業・世帯・居住状態 その2 従業地・通学地による産業別就業者数と通学者数 その3 常住地と従業地・通学地 第4巻 都道府県編(46分冊)(その1 北海道 ~ その46 鹿児島県). 人口速報集計結果平成28年2月26日公表 2. .

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. 日本統計協会. 従業地・通学地集計結果 その1(愛知県)(報告書非掲載表)平成19年3月28日公表 11. 小地域集計結果平成24年5月29日公表 7. 就業状態等基本集計及び移動人口の男女・年齢等基本集計に係る小地域集計結果平成29年5月30日公表 8. 平成22年国勢調査報告 第6巻その3 従業地・通学地による抽出詳細集計結果 全国・都道府県編 (6分冊(pdf:87kb)) 207kb: 一覧: cd-r付: 平成26年3月: 平成22年国勢調査報告 第7巻その1 移動人口の男女・年齢等集計結果 全国・都道府県編 (12分冊(pdf:89kb)) 205kb. 第2巻 市町村編 第1号 沖縄北部 第2号 沖縄中部 第3号 沖縄南部 第4号 宮古,八重山. 国勢調査は、我が国に住んでいるすべての人・世帯を対象とする国の最も基本的な統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにし、各種施策のための基礎資料を得ることを目的としています。 国勢調査は、統計法において5年ごとに実施することとされており、大正9年の第1回調査から数えて今回の調査は20回目に当たります。.

第1巻 人口,體性,年齢,配偶関係,出生地,民籍国籍,世帯,住居 第2巻 職業及び産業 第3巻 従業の場所(2分冊) 第4巻 府県編(47分冊) 《人口,年齢,配偶関係,出生地,職業,産業,世帯,住居》 第5巻 市町村別人口. 平成22年国勢調査人口等基本集計結果の概要(京都府)その2(pdfファイル1006KB) 平成21年府民経済計算推計結果概要(pdfファイル1103KB) 統計でみる指標. 従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果(神奈川県の概要) 4. 将来人口の推計 0. 国勢調査報告 在外本邦人 3.

日本の人口(昭和30年国勢調査の解説) 3. 全国都道府県郡市区町村別人口(確定数) 4. 就業状態等基本集計結果平成29年4月26日公表 7. 法定人口としての利用 衆議院議員の小選挙区の画定基準、地方交付税の算定基準など 行政政策の基礎資料としての利用 福祉政策、生活環境整備、防災対策等の国・地方公共団体における様々な施策の実施や計画の策定など 学術、教育、民間など広範な分野での利用 人口学等の研究、人口の将来推計、学校などの教育用資料、民間企業での需要予測や店舗の立地計画など.

移動人口の男女・年齢等集計結果平成29年1月27日公表 5. 日本人口地図 9. 分野別≪人口≫ 掲載資料一覧 国勢調査(昭和55年,60年,平成2年,7年,12年,17年,22年,27年茨城県結果) ; 常住人口調査(月報,年報,年齢別四半期報,4月1日現在町丁字別人口). 抽出速報集計結果(報告書非掲載表)平成18年6月30日公表 3. 統計手法の違いによる日本の人口1億人突破; 統計日 統計値 統計手法 発表機関 1966年(昭和41年)3月31日 1億0055万4894人 住民登録集計 法務省: 1967年(昭和42年)7月末 1億人 推計人口: 総理府: 1970年(昭和45年)10月1日 1億0466万5171人 国勢調査: 総理府統計局. わが国の人口集中地区 5. 抽出調査に依る 昭和5年国勢調査結果の概観 5. See full list on data.

外部有識者の参加を得て,平成22年国勢調査の企画・実施に関する検討を行いました。 平成22年国勢調査のための実地検証(試験調査) 第3次試験調査(平成21年6月) 第2次試験調査(平成20年6月) 第1次試験調査(平成19年7月). 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. 国勢調査最終報告書 《記述;人口,體性,年齢,配偶関係,出生地,職業,産業,従業の場所,失業,民籍国籍,世帯,住居の室数》 4.

抽出速報集計結果(報告書掲載表)平成18年6月30日公表 2. 平成27年 統計表 人口等基本集計(人口・世帯数の確定数)/平成28年11月7日 町丁字等別人口・世帯数/平成29年2月23日 就業状態等基本集計/平成29年5月22日 世帯構造等基本集計/平成29年10月4日 従業地・通学地集計(昼間人口、通勤・通学人口)/平成29年7月27日 平成22年 統計表 人口等基本集計(人口・世帯数の確定数)/平成23年11月7日 国勢調査報告 人口移動集計結果 平成2年 第7巻 その1 第7 - 総務庁統計局 町丁字等別人口・世帯数/平成24年2月7日 産業等基本集計(人口の労働力状態、就業者の産業)/平成24年5月17日 従業地・通学地集計(昼間人口、通勤・通学人口)/平成24年7月23日 平成17年 統計表 第1次基本集計(人口・世帯数の確定数)/平成18年10月23日 町丁字等人口・世帯数/平成19年5月16日 第2次基本集計(人口の労働力状態、就業者の産業)/平成19年3月6日 第3次基本集計(就業者の職業別構成)/平成20年2月15日 従業地・通学地集計(昼間人口、通勤・通学人口)/平成19年5月16日 平成12年 統計表 第1次基本集計/平成13年11月19日 第2次基本集計/平成14年2月19日 第3次基本集計/平成14年12月5日 従業地・通学地集計/平成14年5月1日 過去の国勢調査結果(大正9年~平成27年の国勢調査人口等) 国勢調査結果等による人口ピラミッド(大正9年~平成27年の年齢5歳階級別男女別人口). 人口等基本集計結果平成28年10月26日公表 4. 平成27年国勢調査報告 第7巻 人口移動集計結果 その1 全国編 isbn/ 価格: 8,400円(税抜) 購入する; 平成27年国勢調査報告 第7巻 人口移動集計結果 その2 都道府県・市区町村編①北海道・東北 isbn/ 価格: 9,100円(税抜) 購入する. 第1巻 全国編 《人口,年齢,配偶関係,世帯》 第2巻 府県編 《人口,年齢,配偶関係,世帯》 第3巻 市町村別人口. 第2次基本集計結果(愛知県)(報告書掲載表)平成18年12月27日公表 6.

(その1、1954年~年) 注)沖縄県を含まず。 資料)総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」 図表1-1-2 10地方別の流入超過数の推移 (その2、1954年~年) 注)沖縄県を含まず。. ここから本文です。 平成7年国勢調査 国勢調査は、我が国に住んでいるすべての人を対象とする国の最も基本的な調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに行われます。. See full list on stat. 1%抽出集計結果速報 6. 平成27年国勢調査移動人口の男女・年齢等集計結果について 年2月24日; 平成27年国勢調査人口等基本集計結果(詳細版)について 年11月18日; 平成27年国勢調査人口等基本集計結果について 年10月26日; 平成27年国勢調査抽出速報集計結果について 年6. .

人口に占める従業地・通学地が「自市町」の者の割合 47.5%(平成22年から0.5ポイント低下) 人口に占める従業地・通学地が「他市町」の者の割合 17.1%(平成22年から0.7ポイント上昇) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 昼夜間人口比率 100.0(平成22年から0.1ポイント低下、全国第15位) 平成27年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計 福井県結果の概要(746KB) 付表統計表(各ファイルExcel形式) 付表1 従業地・通学地別人口および就業者数(平成22年、27年) 付表2 市町別、従業地・通学地別人口(平成27年) 付表3 男女、年齢(5歳階級)、従業地別就業者数(平成27年) 付表4 産業、従業地別15歳以上就業者数(平成27年) 付表5 夜間人口、昼間人口および昼夜間人口比率(平成22年、27年) 付表6 都道府県別夜間人口、昼間人口および昼夜間人口比率(平成27年) 付表7 夜間人口、昼間人口および人口の流出入(平成22年、27年) 付表8 他県との人口の流出入-県、市町(平成27年) 付表9 県内他市町との人口の流出入-市町(平成27年) トップに戻る. 総務省統計局が公表した資料に基づき作成した神奈川県の集計結果は下記のとおりです。 1. 誰もが一度は聞いたことがある「国勢調査」。5年に1度、日本国内に居住する人を対象に実施される大規模な調査で、前回は年に行われました。その調査票を積み上げると、富士山の約3倍の高さに相当するそうです。次回年は、東京の開催年でもあり、また日本で国勢調査が実施されるようになってからちょうど100年という節目の年に当たります。 しかしこの国勢調査について、調査票に回答したけれど、実際にどう役立っているのかわからないという方が多いのではないでしょうか。 国勢調査というと、「国の勢い」を調査すると思われがちですが、実はこの「勢」は「情勢」の意味です。情勢とは「変化している状況の現在の様子」を意味し、国勢調査の目的は「我が国の人口・世帯の実態を明らかにすること」です。日本国内に居住している人・世帯の実態を調査するので、外国人も調査の対象となります。また、学生など、住民票を移さずに東京に住んでいるという人の場合は、現在の居住地域で調査を受けることになります。 調査票のサンプル(PDF:277KB)を見ると、「これで何がわかるんだろう?」と思うかもしれません。実はここから、国全体の人口の増減から各地域の人口の推移、外国人が多い地域や、各地方の商圏が推計できるのです。. マーケティング 4. 京都府の主要指標(エクセルファイル48KB) 全国の主要指標(エクセルファイル56KB). 全国都道府県郡市区町村別世帯および人口概数 3. 第3次基本集計結果(愛知県)(報告書掲載表)平成19年12月26日公表 8. 第1次基本集計結果(愛知県)(報告書掲載表)平成18年10月31日公表 4.

最新の国勢調査結果 平成27年国勢調査 人口等基本集計結果(確定値) 統計情報はこちら 平成27年国勢調査人口等基本集計結果(確定値) 国の公表ページはこちら 総務省(国勢調査) 平成27年国勢調査 移動人口の男女・年齢等集計結果. 第1次:人口の男女・年齢・配偶関係別構成、世帯及び住居並びに外国人、高齢世帯に関する結果を掲載。 第2次:人口の労働力状態別構成及び就業者の産業(大分類)別構成に関する結果を掲載。. 世帯構造等基本集計結果平成29年9月27日公表 11. 移動人口の男女・年齢等集計結果平成24年1月31日公表 5. 10%抽出集計結果 その1 配偶関係・人口移動 その2 産業・職業 その3 出産力 その4 世帯 2. 人口集中地区とは ○市区町村の境域内において、人口密度の高い基本単位区(原則として人口密度が1平方キロメートル当たり4,000人以上)が隣接し、かつ、その隣接した基本単位区内の人口が5,000人以上となる地域です。 ○昭和35年より「都市的地域」の特質を明らかにする新しい統計上の地域単位として「人口集中地区」を設定し、集計しているものです。 ○地方交付税の交付額算定基準の一つとして利用されているほか、都市計画、地域開発計画などの各種行政施策、学術研究、民間の市場調査などに広く利用されています。 利用上の注意 人口集中地区境界図を利用する際は、以下のいずれかの要件に当てはまる場合のみに限ります。 1.私的に利用する。 2.一時的な資料として利用する。(打ち合せで利用する等) 3.営利を目的としない教育機関の教員や授業を受ける学習者自身が、授業の過程における使用に供することを目的として利用する。 4.自治体等へ提出する申請書の添付地図として利用する。 福井県の人口集中地区別境界図 福井県全域(PDF形式:285KB) 福井市(PDF形式:798KB) 敦賀市(PDF形式:635KB) 小浜市(PDF形式:538KB) 大野市(PDF形式:589KB) 勝山市(PDF形式:600KB) 鯖江市(PDF形式:559KB) あわら市(PDF形式:635KB) 越前市(PDF形式:645KB) 坂井市(PDF形式:1,735KB) 永平寺町(PDF形式:585KB) 凡例(PDF形式:263KB) 出典「平成27年国勢調査報告 第2巻人口等基本集計結果 その2 都道府県・市区町村編」 この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。(承認番号 平27情使、第49-GISMAP36191号) トップに戻る.

国勢調査報告 人口移動集計結果 平成2年 第7巻 その1 第7 - 総務庁統計局

email: ydinu@gmail.com - phone:(983) 270-5796 x 3931

愛知啓成高等学校(一般入試:普通進学コース・商業科・生活文化科) 平成26年 - 愛知県高等学校過去入試問題集 - 公式展図録 Kingdoms

-> 科学革命とは何か - 都城秋穂
-> 京都毎日手帖 2013 - 西日本出版

国勢調査報告 人口移動集計結果 平成2年 第7巻 その1 第7 - 総務庁統計局 - 運動生理学概論 宮下充正


Sitemap 1

船舶工兵隊戦記 陸軍西部第八部隊の戦い - 岡村千秋 - 鉄道史資料保存会 形機関車明細図